洋服などでは綿の素材が自然の素材として知られています。

住まい作りで見直される自然の素材

住まい作りで見直される自然の素材

住まい作りで見直される自然の素材 洋服などでは綿の素材が自然の素材として知られています。しかし自然の素材ですから日本であれば輸入が必要です。それ以外の素材として繊維会社がポリエステルなどを開発しました。まったく同じではないですがより似せた素材になっています。住まい作りにおいても元々は自然の素材が使われていましたが、徐々に化学繊維の素材が使われるようになっています。

化学繊維の素材はほとんどが石油から作られます。問題としては何らかの影響かでそれらが空気中にでてくることでしょう。現在においてはその問題点は少なくなっていますが、問題が出る場合もあります。そこで見直されているのがかつて良く使われていた自然の素材です。足りないなら使えませんが、日本でも十分生産できるとされています。

壁の素材として長らく使われているのが漆喰です。こちらは主に石灰から作られる素材です。湿気を吸い取り一方では放出する力があるとされています。真っ白の壁にしたいときにはよく利用されます。石灰を使っていることからカビに強いです。水に混ぜて固めれば自然に固まります。同じように使われることが多い素材に珪藻土があります。こちらはプランクトンの化石が材料で、湿気を吸い取るのにいい素材です。固めるための素材を別途必要とします。